食事によるダイエット

簡単!お手軽! 朝バナナダイエット 規則正しい生活習慣が大切です♪

朝バナナダイエットとは、朝、バナナを食べたいだけ食べて水を飲む。
昼食と夕食は普通に食べて、3時のおやつも食べて良い。


4Iff5b_220.gif空腹を我慢しなくていい。
4Iff5b_220.gifお値段がお手ごろ。
4Iff5b_220.gif時間がかからない。


phm26_0949-s.jpg


朝食を抜くと代謝が下がり、エネルギーが使われず
太りやすい体質になってしまいます。


バナナダイエットは体内の毒素を出し・便秘・むくみ・冷えを改善して
体の内側から体質改善して、痩せやすい体に変えていく方法です。


でもひとつ条件があります
それは 規則正しい生活をする事です。

 
4HZYr1_220.gif朝は常温の水と一緒にバナナを食べたいだけゆっくり、よく噛んで食べる。
  朝食にバナナを食べるのは、排泄に適した時間帯が
  午前4時から正午までだからだそうです。


  酵素が豊富なバナナは、胃を10分から20分で通過してエネルギーになります。
  食物繊維が豊富なバナナは、7割が水分でもあり便秘も解消されます。


phm19_0926-s.jpg
  バナナは褐色の斑点が出てくると完熟です。
  栄養・ビタミンが多くなり食べごろです。

6F5g26_220.gif凍らせたバナナはお腹を冷やしてしまいます。
  43度以上に加熱すると酵素が壊れてしまうので、できるだけ加工せずに食べたほうがいいです。


どうしてもバナナが食べたくない日は、他の果物でも大丈夫です。(1種類)
果物によって消化時間が違うので、1種類だけのほうが早く消化してくれるからです。

  
他の物が食べたくなったり、飲みたくなってしまった時は
15分から30分間を空ければ何を食べても飲んでもかまわないそうです。
「おにぎり」等の炭水化物は消化吸収が早いのでオススメです。

  
常温の水は、朝食以外の時でもこまめに飲んで下さい。
たまにはお茶・コーヒー・ジュース等飲んでも大丈夫ですが、
できるだけお水を飲むようにして下さい。

       
4HZYr1_220.gif昼食は普通に、好きなだけ食べてもいいそうです。
食後に苦しくならない程度であれば・・・


せっかくダイエットしているのですから、
好きなだけ食べてもいいと言われても
苦しいほど食べるのはちょっとマズイですよね。

phm19_0927-s.jpg
 
   
3時のおやつOK!   
嬉しいことに、3時のおやつは何を食べても良いそうです。
ただし1日1種類!   


チョコレートや和菓子が良いそうです。
胃腸を冷やしてしまう冷たいものは控えたほうが良いです。
おやつを果物1種類にすれば早い効果が期待できます。 

   
4HZYr1_220.gif夕食も普通に食べて良いそうです。
ポイントは、早めに食べることです。
18時台が1番良いのですが、遅くても20時までには食べる習慣にして下さい。

                  
太る原因の大半は遅い時間の夕食です。
せっかく朝バナナを食べてダイエットしていても
夜遅くに、「何を食べてもいいから・・・」と言って
脂っこいものや、甘いものを食べ続けていたら
絶対に痩せる事は無理ですよね。

   
夜遅くにご飯を食べて寝ると、胃や腸でまだ消化が終わらないうちに
睡眠に入ってしまい快眠できずに、疲れが残ってしまいます。
体調悪化やむくみの原因になります。
むくみの原因は老廃物と古い血液です。


体に溜まった老廃物は寝ている間に排出されるので、
質の悪い睡眠で疲れが溜まると、老廃物も排出されずに脂肪として
体に残ってしまい、太りやすい体質になってしまいます。    0Htjh3_220.gif

   
出来るだけ早い時間に夕食を済ませれば
空腹状態で胃腸を休ませ、睡眠に入ることができます。

    
そして日付が変わる前に寝ることが出来れば
毎日の疲れを快眠できちんと取ることができます。

    
バナナは疲労回復を助けてくれるので
朝バナナで質の良い睡眠になり
痩せやすい体質に変化していくことでしょう。

 


    
むくみ・冷えは塩分の多い食生活により
体内の水分バランスが乱れることから起こります
塩分過多の体には、カリウムが豊富に含まれているバナナが
効率よくナトリウムを排出しむくみ・冷えを改善してくれます。


バナナダイエットは規則正しい生活をする事によって効果が得られるダイエットです。
    

4HZYr1_220.gifバナナはこんな働きをしてくれます

                
4LsGs5_220.gifバナナの主な栄養素には4LsGs5_220.gif


ビタミンB1    糖質をエネルギーに変える働き
            疲労を早く回復させるので、スポーツをする人・お酒を多く飲む人・ 
            甘い物が好きな人・ に大切な栄養です。


ビタミンB2    肉の脂や植物油などの油脂を体のエネルギーに変える働き
            不足すると脂肪がうまく燃焼されないので太りやすくなります。
            子供の成長を助ける働き・有害な活性酸素を分解する働き


ビタミンC     ビタミンの中でも働きや効能が多い
                 ・コラーゲンの合成を助け肌や骨を丈夫にする
                 ・シミやくすみの原因であるメラニン色素を減らす
                 ・免疫力を高め、風邪やガンを予防する
                 ・ストレスに対抗する抗ストレスホルモンを作る
                 ・活性酸素を抑える抗酸化作用


カリウム      体内の余分な塩分を排出して高血圧や心臓病を予防する働き
            むくみ・冷えの改善


マグネシウム    リンやカルシウムと協力して、骨を丈夫にし骨粗しょう症を予防する働き
            糖質・脂質・たんぱく質の代謝を効率よく行い、食品からエネルギーや体の材料                        作る働き


糖質(炭水化物)  糖質は消化吸収されると短時間で体のエネルギーになる栄養なので
             アスリートの栄養(エネルギー)補給に適しています。

             バナナの糖質には ブドウ糖・果糖・ショ糖など 色々な種類の糖質があり
             それぞれエネルギーになるまでの時間が違っています。
             この時間差がエネルギーを長持ちさせてくれます。




          13672162.gif私のダイエット日記 見て下さいね13672162.gif

   


ダイエット体験談

 

運動でダイエット

 

  食事によるダイエット

 

部分痩せ

 

  骨盤ダイエット

 

ダイエットサプリ一覧

 

酵素関連商品一覧

 

  置き換えダイエット一覧

 

FXをお探しなら